最高のランディングページを作ろう!


スマホサイトってコンテンツ量はそこまで増やせないし、アイフォンの小さなスクリーンに必要最低限の情報をきちんと詰め込まなければ読まれない。長い文章にしたところで、スクロールのスピードが速すぎて最後まで読んでもらえない。そういう方いませんか?

 

ヘッダー画像はもちろん、記事内に挿入する画像のところで、一瞬でもいいから目をとめてほしい。そしてインパクトのある画像をちりばめて何とか購入ボタンのところまで読み込んでほしい。ランディングページを作っている人なら誰もが思うことですよね?

 

私もその一人です(笑)

 

スマホのテンプレートをさらに差別化するのがヘッダーと記事中画像!

私もワードプレスランディングページ用のテンプレートはほぼ揃えてます。ワンカラム、2カラム、グリッドデザイン、パララックスデザイン。どれも使い込んでいますが、どんなにサイドバーを着飾っても、スマホの小さな画面には反映されない。

 

やっぱりヘッダー画像が命なんですよ!一瞬で使いやすいかどうか?購入する気になるかどうか?それを決めてしまうのがヘッダーなんです。だからここには本当にこだわった方が良いです。

 

また、記事中画像も写真だけじゃなくて、たまには文字を組み合わせて、インパクト付けた方が読んでもらいやすい。スクロールの動きを止めてくれるんです。

uriage2

こんな感じで記事中に写真とキャッチコピーで、メッセージを伝えていく。これはLPの基本事項ですよね?

 

簡単にスマホのヘッダーデザインを作れるツールがバナープラス

でも、スマホのヘッダー画像を初心者がきれいに作りこもうと思うと大変。購入ボタンのサイズ、記事内の写真のサイズ、字間や行間のサイズ。全部無料のツールでやっていたらいくら時間があっても足りません。

しかもランディングページの場合はいくつかのパターンを作っておいてABテストをする必要があるわけですからなおさら時間がかかってしまう。

 

そんな悩みを一瞬で解決できるツールガコレ!バナープラスというものです!使ってみてめちゃくちゃ簡単にオシャレなサイトができましたので、特典を付けて紹介しています。では簡単にバナープラスを使う流れですが・・・。

 

① マスクを入れる

② 画像透過や合成

③ 文字の埋め込み

④ あらかじめ用意されたボタンの挿入

 

以上の4工程ですぐにヘッダー画像が完成してしまいます。

 

動画でも詳しく使い方の流れを解説してあるので見て下さいね!これを使ってから、LP作成のスピードはうなぎのぼり。ワンペラのヘッダー画像など10分もあればそこそこ以上のものができてしまいます。

 

無料ブログのヘッダー画像もバナープラスで大変身!!

おそらくランディングページを作っている方は集客媒体としてPPC,リスティング以外にもアフィリエイトや無料ブログ、ツイッターなどからも集客を図っているのではないでしょうか?

 

そんな集客用ページのヘッダー作成もバナープラスというソフトを使えば楽々作成できますよ!!私はそれまで無料のバナー作成ソフトをいくつか使っていたのですが、全部やめました。

 

【 一応無料のバナーソフト 】

 

① バナー工房

② GIMP2

③ Photoscape

 

この辺を無料で使うことだろうと思うのですが、正直本気で稼ごうと思うのならバナープラスを使うか、フォトショップを使って作ったほうが売り上げに貢献すると思います。本当に数%売り上げが大きな違いを生むのがネットビジネスですからね。

 

一ページ当たりのコンバージョン。一サイトごとのコンバージョンを1%あげたら月間の売り上げは人によっては数十万~数百万の差になって跳ね返ってくるのではないでしょうか?

 

というわけで、画像加工や編集に悩んでいる方はバナープラスおススメですよ!!

 

コチラでバナープラスのレビューしてますのでよかったら見てくださいね!!

 

�����

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。